下関市の女性人気NO.1整体であなたのつらい腰痛、肩こりを改善します!

しんしも駅前カイロプラクティック


母の日

今年の「母の日」は5月11日。
GW最後の祝日「こどもの日」を終え、次の日曜日が母の日になります。
今までは毎年やってくる年中行事の一つくらいの感覚で、
由来も知らず何となくこなしていました。
 
5月の第2日曜日は、
スペイン(第1日曜日)とスウェーデン(最後の日曜日)をのぞいて
世界中の国々で日頃、家族のために尽くしてくれる母の苦労をいたわり、
感謝を表す日として、花束やフラワーギフトにメッセージを添えて祝っています。
 
母の日の由来には色んな説があり、アメリカ説が一般的。
アメリカの少女「アンナ・ジャービス」を
苦労しながら懸命に育ててくれた母の死に遭遇したことで、
生前に母を敬う機会(母の日)の創立を熱心に提唱し続け
1914年に当時の大統領「ウィルソン」が5月の第2日曜日を
「母の日」と制定してくれました。
少女(アンナ)の母は白いカーネーションが好きだったことから、
母に贈る花がカーネーションになったと言われています。
 
もともとカーネーションは、
「聖母マリアの涙によって生まれた」というエピソードがあるからです
 
この時、アンナは亡き母を追悼する祭壇に、白いカーネーションを飾ったことから、
もしも母が健在ならば赤いカーネーションにしようとなったわけです。
 
カーネーションは、母の日に贈る花として有名ですが
みなさんは、普段何色のカーネーションを贈っていますか?
色によって花言葉を知ることで、より思いも増すことだと思います。
カーネーション全般の花言葉は「無垢で深い愛」
赤は「母への愛情」「母の愛」
ピンクは「感謝の心」「美しいしぐさ」
紫は「誇り」「気品」
白は「私、あなたの愛は生きています」「純粋な愛」
青・ムーンダストは「永遠の幸福」・・サントリーの品種改良で誕生しました
オレンジは「熱烈な愛」
濃い赤は「私の心に哀しみを」
黄色は「軽蔑」「嫉妬」だそうです。
 
 
こうやって意味を知ると、
やはり母の日には赤かピンク、もしくは青がいいと思います。
 
今年は、花言葉に合わせて(赤・青・ピンク)の三種を
贈ってあげると、更に喜ばれるかもしれませんね。
 
但し、黄色は愛する人への贈り物としては控えるべきだと思います。
 
ちなみに、毎年、母の日が近づくと、さまざまな関連商品の需要が増しています。
その市場規模は、クリスマスを上回るとも言われています。
haha.jpg
 
 
 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

しんしも駅前カイロプラクティックのご案内

住      所:
〒751-0873
山口県下関市秋根西町2丁目3-7 吉富ビル1F
アクセス:
JR新下関駅から徒歩5分/新下関駅新幹線西口出口から徒歩1分
お問い合わせ・ご予約
0120-09-3349
受付時間:
平日・土 9時~20時
日・祝 10時~16時
定休日:
不定休

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ